プロフィール

カイロプラクター てん

Author:カイロプラクター てん


【趣味】
・自転車に乗って
 ヘロヘロになる事。
・カイロプラクティックで
 人を元気にする事。

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
作ったiOS App

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS Singletone の使い方 勉強 #3

今回は、iOS Singletone の使い方 勉強 #2の続き
タイマー部分の実装です。

まずは、部品を配置
MainStoryboard.storyboardをクリック
Labelを1個とbutoonを3個配置
1302033.png

Labelをクリックして
1302034.png
こんな感じで変更

次は、ボタン関係
1302035.png
こんな感じで、「START」「STOP」「CLEAR」に変更

レイアウトを微調整して
1302036.png
こんな感じになりました。

恒例のおまじないの連携!
Editorの真ん中をおして、FirstViewController.hになっているのを確認して
1302013.png

Labelをクリック
1302037.png
マウス右ボタンでLabelをドラッグ&ドロップ

ビュンとでてきたら
1302038.png
lbl_timer_timeと入力してConnectをクリック

自動的に作られて連携終了
1302039.png

次は、Button
同じように、STARTボタンをクリックして
マウス右ボタンでSTARTボタンをドラッグ&ドロップ
1302040.png

ビュンとでてきたら
1302041.png
Connection → Action
Name → btn_timer_start
Connectをクリック

自動的に作られて連携終了
1302042.png

残りのSTOP、CLEARも同じように

[ STOP ]
1302043.png

[ CLEAR ]
1302044.png

START、STOP、CLEARのすべて 連携終了
1302045.png

これで、準備終了

プログラムを書いていきます。

Editorの表示を切り替えて
1302019.png

FirstViewController.hをクリックして
変数宣言をします。
1302046.png
int timer_time,timer_count,timer_min,timer_sec; 追加

プログラムの方は、
日時表示に使用しているタイマーをそのまま使います。

FirstViewController.mをクリックして
日付表示の下にこんな感じ
1302047.png
足し算、引き算だけ?

[ 説明 ]
タイマーLabelの設定を3分にしたので、timer_timeを60秒×3
タイマーは1秒間隔で動いているので、timer_count を1加算
timer_sec = timer_time - timer_count 残りのsec数を計算
timer_secからmin数を計算 timer_min = timer_sec /60
timer_secから、minのぶんを減算 timer_sec = timer_sec - timer_min * 60

そして、計算したのをログ出力

シュミレータRun!
1302048.png
成功!

そのまま、lbl_timer_timeに表示して
1302049.png

シミュレータRun!
1302050.png
いぇ〜い♪


次は、START、STOP、CLEARのボタンでこのタイマーを制御します。

まずは、タイマーのON/OFF用の変数を宣言

FirstViewController.hをクリック
BOOL timer_SW;変数宣言
1302051.png

FirstViewController.mをクリック
TimerをOFFにするには、変数timer_countをカウントしなければいいので
timer_count += 1;の所にif文とtimer_SWを使用して
1302053.png
これで、変数 timer_SW の YES/NO でタイマーの制御ができるようになりました。

では、最後に各ボタンの動きをプログラムします。
ボタンを連携させた時に自動的に出来ているところに追記します。

STARTボタンの制御
1302054.png
timer_SW = YES;を追記

STOPボタンの制御
1302055.png
timer_SW = NO;を追記

CLEARボタンの制御
1302056.png
CLEARは、カウントを戻すので
timer_count = 0;を追記

シミュレータRun!

ぐぅ〜♪

ボタンを押しても1秒間隔でしか、更新されず反応が鈍く感じるけど
思い通りに制御できているので

今回はこれで終わりぃ〜〜♪

次回は、本題のsingletoneを追加して、SecondViewで制御していきます。


*** まとめ ***
1.iOS Singletone の使い方 勉強 #1
2.iOS Singletone の使い方 勉強 #2
3.iOS Singletone の使い方 勉強 #3
4.iOS Singletone の使い方 勉強 #4
5.iOS Singletone の使い方 勉強 #5
6.iOS Singletone の使い方 勉強 #6
7.iOS Singletone の使い方 勉強 #7
スポンサーサイト
THEME:プログラミング | GENRE:コンピュータ |
 
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ビリリティピルズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。