プロフィール

カイロプラクター てん

Author:カイロプラクター てん


【趣味】
・自転車に乗って
 ヘロヘロになる事。
・カイロプラクティックで
 人を元気にする事。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
作ったiOS App

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS バックグラウンド動作 #2

今回は、iOS バックグラウンド動作 #1の続き
バックグラウンドでちょっと遊んじゃいましょう〜♪です。

バックグラウンド動作しているアプリで見かける
↓これを動作させましょう
1302218.png
見た事ありますね♪

バッジナンバーの表示させちゃいましょう!

さっそくプログラムへ

カウント処理の所に
1302219.png
    // バッジナンバー表示
[UIApplication sharedApplication].applicationIconBadgeNumber = count;

この一行です。

では、シュミレータRun!
ホームボタンを押してアイコンを見ると数字がカウントアップ↑
1302220.png
いえ〜い♪

うまく動きましたか?

ここまで来たら、10分以下で何かに使えるアプリに




やっぱり、あれですか!?
カップラーメンタイマー

3分=180カウントになったら、メッセージ表示させて
3分だよ!て知らせる様にしましょう。

1302221.png
    if(count == 180) {
UILocalNotification *localNotif = [[UILocalNotification alloc] init];
localNotif.alertBody = @"カップラーメンできたよ!";
localNotif.soundName = @"alarmsound.caf";
[[UIApplication sharedApplication] presentLocalNotificationNow:localNotif];

}


では、シミュレータRun!
180秒後
1302223.png1302222.png
バックグラウンドで確実に動いていますね♪

これで、バックグランド動作の勉強は終わり。

補足として、オーディオ、GPS,VoIPを使用していれば時間制限はありません。





スポンサーサイト
THEME:プログラミング | GENRE:コンピュータ |

iOS バックグラウンド動作 #1

今回は、iOSでアプリをバックグラウンド動作(マルチタスク)させる勉強をします。

バックグラウンドと言っても、
iOSで許させるバックグラウンド動作時間は
10分 悲しい〜。

今回使用するシステムは
Mac OS X 10.8.2
Xcode 4.6

まずは、プロジェクトファイルの作成
1302200.png
Create a new Xcode projectをクリック

[1][2]とクリックして
1302201.png

Product Nameに「BGTimer」←好きな名前でいいですが、今回はこれにしました。
1302202.png
「Next」→「Create」をクリック

これで、プロジェクトファイルができました。

では、部品を配置します。
MainStoryboard.storyboardをクリック
1302203.png
Labelをドラック&ドロップ

このラベルをこんな感じに変更
1302204.png

では、いつものおまじないの継承
ここをクリックして
1302208.png

ラベルを右クリックで、ドラッグ&ドロップ
1302206.png

ビュンと出たら
1302207.png
Nameに「timer_count」と入れてconnectをクリック

自動的に文字が記入されて継承終わり
1302209.png


このラベルの数字を1秒ごとに1増やして行きます。
では、プログラムです。

ここをクリックして表示を戻して
1302210.png

ViewContoroller.hにタイマー用の変数宣言
1302205.png

ViewContoroller.mをクリック
- (void)viewDidLoadの所にタイマーをセット
1302211.png

タイマー処理はこんな感じ
1302212.png

では、シミュレータRun!
1302213.png

ホームボタンを押して
1302214.png

しばらくしてから
もう一度、BGTimerをクリック
1302213.png

iOSが持っているレジューム機能で、
カウント値は、ホームボタンが押された時の値から開始されました。

あたり前ですが、これではバックグラウンド動作していません。

では、バックグラウンド動作させましょう。
おまじないです。
まずは、AppDelegate.hに変数宣言です。
1302215.png

次に、AppDelegate.mをクリックして
- (void)applicationDidEnterBackground:(UIApplication *)application
の所にこれです。
1302216.png
    bgTask =
[application beginBackgroundTaskWithExpirationHandler: ^{
[application endBackgroundTask:bgTask];
}];


これで、10分限りのバックグラウンド動作します。

では、シミュレータRun!

ホームボタンを押して、しばらくしてからBGTimerのアイコンをクリック
1302217.png
カウント値が増えていました。

どうでしょうか?
うまくいきましたか?
簡単でしょう!

今回はこれで終わり。

次回は、せっかくバックグラウンド動作したので
ちょっと遊んじゃましょう!
THEME:プログラミング | GENRE:コンピュータ |
 
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
ビリリティピルズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。